教育訓練給付制度とは

教育訓練給付制度のご案内

教育訓練給付制度とは

一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣が指定する一般教育訓練を受講し、修了した場合、本人が支払った教育訓練費
の20%(上限10万円)をハローワークから支給する制度です。

教育訓練給付の対象となる方

(1)雇用保険の一般被保険者(在職中の方)一般教育訓練の受講開始日に、支給要件期間(同一の事業主一般被保険者または短期雇用特例被保険者として雇用された期間)が3年以上ある方。

(2)雇用保険の一般被保険者であった方(離職されている方)一般被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年以内であり、かつ、支給要件期間が3年以上である方。

※(1)(2)とも、当分の間、初めて教育訓練給付金の支給を受けようとする方については、支給要件期間が1年以上であれば可能です。
※65歳未満の方に限ります。
※過去に教育訓練給付金の支給を受けたことがある方は、3年以上経過していることが条件となります。
詳しくは、一般教育訓練の教育訓練給付金の支給申請手続きについて(ハローワークインターネットサービス)をご覧になるか、お近くのハローワークにお問い合わせください。

教育訓練給付の対象となる講座

車種 所持免許 教習に来られる時間帯 基本総料金 給付予定額
中型 中型8t限定 午前・午後 92,407円(税込) 18,481円
夜間 95,647円(税込) 19,129円
準中型5t限定 午前・午後 140,232円(税込) 28,046円
夜間 147,360円(税込) 29,472円

※上記以外の取得免許・所持免許の場合は対象外になります。
※上記基本料金には、検定料金は含まれておりません。(検定当日にお支払いただきます)
※所定の教習時限をオーバーした補習料金、検定料金は給付の対象となりません。

支給申請までの流れ

1. 支給要件の確認
「教育訓練給付金支給要件照会票」に必要事項を記入し、本人を確認できる書類(運転免許証等)、印鑑、雇用保険被保険者証などとともに、ハローワークに提出し受給資格を確認のうえ「回答書」を受け取ってください。

2. 入校の手続き
回答書及び入校に必要な書類等を添付して入校手続きを行ってください。

3. 教育訓練修了証明書の発行
教育訓練修了後、当校より「教育訓練修了証明書」を発行します。

4. 支給申請から給付金支給まで
教育訓練修了後、1カ月以内にご本人の住所を管轄するハローワークに、「教育訓練給付金支給申請書」「教育訓練修了証明書」「領収書」「本人を確認できる書類(運転免許証等)」「雇用保険被保険者証」を提出し支給申請手続きを行ってください。
申請後、ハローワークより指定口座に教育訓練給付金が振り込まれます。